室堂~天狗平~一ノ谷~弥陀ヶ原

​(撮影日:2020年10月中旬)

写真の説明を見るには、大きな写真をクリックしてください。

江戸時代の立山登山道(立山禅定道)のうち鎖禅定と呼ばれた難所や、高層湿原の木道などを通る、変化に富んだルート。
このルートは下る登山者も多いが、急な岩場の通過があることや立山禅定道としての使われ方を考えると、登って踏破する方が好ましい。

Copyright 立山ガイド協会. All Rights Reserved.